トレフルtrefleの危険性や副作用は?

全国500店舗以上のエステサロンや美容室、ヒーリングサロンなどの専門店でも使われているというクレンジングマッサージクリーム「トレフル(trefle)」。

業務用という事で、成分が強そうに思えますが、副作用の危険性などは無いのでしょうか?

今回は、そんなトレフルの安全性について調査をしてきました!

トレフルtrefleの危険性は?

トレフルに考えられる危険性は大きく3つに分ける事ができるでしょう。

では、その3つの危険性がトレフルの場合にも当てはまってしまうのかを見ていく事にしましょう。

成分自体の危険性

トレフルの主成分は、天然イオウ、天然スクワランオイル、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、AC-11です。

AC-11は名前こそ厳つい感じがしますが、その実態は「キャッツクロー」というハーブのエキスの事で、南米先住民が2000年以上前からお茶として愛飲していたアカネ科の植物です。

余談ですが、最近ではサプリメントなどにも利用されるようになり、乱獲によって非常に貴重な存在となった超高級成分なんですよ。

他の成分についても、イオウなんかは温泉や入浴剤としても馴染み深い成分ですし、ニキビ治療にもつかわれるお肌に優しい成分です。

スクワランやコラーゲン、ヒアルロン酸は化粧水や美容液などでもお馴染みですよね。

これらの成分は、敏感肌の方のスキンケアにも使用出来る成分となっていますので、トレフルに配合されている成分的には問題は無いと言えるでしょう。

成分の強さ

いくらお肌に優しい成分だからと言って、含まれる成分が強過ぎた場合には、お肌の弱い方には逆効果になってしまう可能性も。

しかし、トレフルには有効成分が非常にバランス良く配合されているため、肌への負担を掛けずに優しく洗い上げる事が出来るのです。

トレフルに含まれている洗浄成分は全て天然由来の成分ですから、成分としては強過ぎず弱過ぎず、丁度良い洗浄効果と美肌効果をお肌に齎してくれるんですよ。

添加物について

トレフルに含まれている成分は非常に優しいものばかりですが、少し気になるところとして、トレフルには防腐剤(パラベン)が含まれています。

しかし、トレフルは直接お肌につける商品ですから、薬剤の腐敗によるトラブルを避けるためには致し方ないところではないかと思います。

実際、ひどい敏感肌の方でもほとんどの方が安心して使われているようですし、含有量も非常に微量なため、そこまで不安視する必要も無いでしょう。

トレフルtrefleを使用して副作用はあるのか?

さて、ここまでトレフルの安全性について解説を行ってきた訳ですが、これはあくまでも健康なユーザーや精々敏感肌の方においての事。

トレフルにはお肌に非常に優しい天然成分がたっぷり使用されていますが、それ故にアレルギーの方への使用には十分な注意が必要です。

スクワランやコラーゲンなどの一般的な化粧品にも含まれているような成分はまだ分かりやすいですが、AC-11(キャッツクロー)といった聞き慣れない成分も含まれているため、思いがけずアレルギー症状が出てしまう事も万に一つあるかもしれません。

また、アレルギーをお持ちでない方の場合でも、肌に合う・合わないの問題はあり得る事ですので、不安な場合はお肌の目立たない部分でパッチテストをしてから使用するのが良いでしょう。

トレフルは危険なの?

…とここまで色々と書いてはいますが、SNSやレビューサイトの口コミなどを見ても、トレフルを使用して肌トラブルや健康被害を引き起こしたという報告はほとんどありません。

これは、他のクレンジングクリームなどと比較しても非常に少なく、トレフルの安全性は業務用・一般販売の商品を問わず、クレンジング剤全体の中でもトップクラスの安全性を誇っています。

その客観的事実として、トレフルはモンドセレクションの金賞を7年連続で受賞しており、その品質や安全性は公に広く認められています。

まあ、銀賞や銅賞だったり、単発の金賞受賞だったらそこまでオススメはしていませんが、流石に7年間ずっと金賞を受賞しているとなると、筆者としても胸を張ってトレフルをオススメ出来ますね。

トレフルtrefleの口コミはこちら>>

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする